• このエントリーをはてなブックマークに追加

シンクのお手入れは重曹でピカピカに


スポンサーリンク

シンクは重曹を振りかけて掃除

シンクの掃除では、まず全体の汚れを石けんをつけたスポンジなどで落とします。そのあと、重曹を振りかけてスポンジでこすります。

「重曹石けん」を使うと、頑固な汚れを落としやすいです。手作りすることもできますが、市販のものも数百円程度で手軽に購入できます。

排水溝には重曹を振りかけて

ステンレスのシンクにはカビが発生する心配はありませんが、排水溝にはヌメリがたまり、それを放っておくと黒いカビやいやなニオイが発生します。

排水溝のヌメリ掃除では排水溝とゴミ受けに重曹を振りかけてしばらく置いてから、ブラシなどで排水溝のゴミ受けをキレイにします。

頑固な汚れには、重曹を多めに振りかけたあと、クエン酸を注ぎます。重曹とクエン酸が化学反応して泡立ちながら汚れを包み込みます。その後、古い歯ブラシなどで通常のお手入れをします。

カルシウム汚れにはお酢スプレー

重曹や石けんを使っても落とせない、ステンレスに白くこびりついた汚れはカルシウムです。これにはクエン酸またはお酢のスプレーを吹き付けて、スポンジなどでこすりましょう。酢と塩を混ぜたものを塗ってこするという方法もあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加