• このエントリーをはてなブックマークに追加

まな板・包丁・ふきんの安心な除菌方法


スポンサーリンク

まな板・包丁・ふきんは除菌が大事!

毎日使うまな板・包丁・ふきんは雑菌がつきやすく、お手入れしないとまな板やふきんにはカビが発生します。また、暑いシーズンには、包丁やまな板には多くの雑菌が繁殖しやすく、食中毒の原因になることもあります。

これらの道具はきちんと除菌することが大切です。とはいっても、過剰に心配して毎日除菌スプレーをかけたりする必要はありません。基本のお手入れ方法を押さえましょう。

まな板・包丁は梅雨時は熱湯で除菌

普段のお手入れでは、まな板と包丁はキレイに洗ってよく乾かしておけばそれほど心配は要りません。ただし、梅雨時など湿気の多いシーズンには朝、使う前に熱湯をかけて除菌すると有効です。食器洗い乾燥機に入れることができればそれでも効果は同じです。

他に「お酢スプレー」も効果があります。お酢スプレーは水とお酢を1:2程度で混ぜてスプレー容器に入れて使用します。まな板や包丁はお酢スプレーをしたあと水洗いします。

お酢でふきんの除菌

ふきんは石鹸などで汚れを落としたあと、水につけてそこにお酢を50cc程度加えます。食器洗いスポンジなどもお酢で除菌できます。まな板をお酢スプレーで湿らせたふきんで拭けば、両方の除菌ができます。

敷くだけ湿気対策!!【モットン除湿シート】

敷くだけで簡単に湿気対策できる「モットン除湿シート」が便利です。
メリットは、
  • 1.くり返し使えて経済的
  • 2.干し時が分かる湿気お知らせセンサー付き
  • 3.アンモニアに対する消臭性が特に強い
  • 4.耐久性が高く、吸水・吸湿の繰り返しや天日干しの光による吸水性能の低下がみられません
  • 5.塩分の含まれた寝汗もしっかり吸収
など、多機能性が人気のヒミツ。

口コミで人気になった商品で、
「布団についていたニオイ(夫の加齢臭?)も気にならいぐらいになった」
「使い始めて2週間も経つとシート自体が吸い込んだ湿度で重くなっている気がします。」
「風邪を引いた時に汗がたくさん出た時も布団はサラサラでした。」
といった意見があり、主婦を中心に人気があるようです。

ちょっと値段が高いのがネックですが、ホームセンターで売っている除湿シートってそれでも2,000円近くするので、すごい高額!というわけではないですね。

詳細はこのページから。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加