• このエントリーをはてなブックマークに追加

臭いを出さない生ごみ処理の工夫


スポンサーリンク

生ごみ処理のニオイ対策

生ごみから発生するイヤなニオイは悩みの種です。ニオイ対策としては以下が有効です。
できるだけコマメに捨てる!生ゴミの袋の底に新聞紙を敷く生ごみは水を切って捨てる
マンションなどゴミ集積場所がある場合は、生ごみは毎日捨てましょう。通常の住宅では毎日ゴミの袋をしっかり閉じてまとめておいて、燃えるゴミの日に捨てます。生ゴミからは水分が出て、それがニオイのもとになります。ゴミ袋の底に新聞紙を敷いておくと水分を吸収してニオイ発生を防止できます。三角カゴなどでシンク内にゴミを溜めると濡れやすいので避けましょう。タブロイドサイズに切った新聞紙の上に生ごみを集めて、そのままくるんで捨てたり、できるだけ乾かした状態で捨てることがコツです。

助成金もある「生ゴミ処理機」

生ゴミ処理機とは、生ごみを電気で乾燥、または微生物などで発酵させて分解する機械です。これを使用すると生ゴミのニオイがない上、捨てる生ゴミはとても少なくなるのでエコにかなっています。
多くの市区町村で家庭用生ごみ処理機の購入費に対して助成金の制度があります。電気乾燥させるタイプは手軽です。微生物などで分解する「コンポスト」タイプは電気代がゼロで経済的ですが、生ごみの処理に多少の手間がかかります。

画像引用元:パナソニック



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加