• このエントリーをはてなブックマークに追加

カーペットの防カビ対策!重曹でお手入れする方法


スポンサーリンク

重曹とは

重曹とは、自然界に存在する「炭酸水素ナトリウム」のことです。重曹は弱アルカリ性で、脱臭効果があり、さらにカビが繁殖しにくい環境を作ります。重曹は、お掃除できないソファやカーペット、カーテンなどのカビ対策に有効です。

重曹を使ったカーペットのお手入れ法

お手入れには湿気の少ない日を選びます。カーペットが渇いている状態を確認して、重曹0.5カップ程度をカーペット全体に振りかけます。できれば一晩そのまま放置して、翌朝掃除機をかけます。洗濯ができない布張りのソファやぬいぐるみなどもこの方法で除菌・お掃除することができます。

重曹スプレーの使用法

重曹は、水にやや溶けにくいので、ぬるま湯で溶かします。ぬるま湯2カップに大さじ2杯程度をボトルに入れてシェイクして、よく溶かします。重曹の水溶液をスプレーボトルに詰め替えて使用します。重曹スプレーは、さきほどご紹介したクエン酸スプレーと同様の方法で拭き掃除に使用できます。

重曹でカーテンの洗濯

カーテンもカビ菌がついて繁殖しやすい場所です。多くのカーテンは水洗いが可能なので、表示を確認したうえで洗濯してみましょう。

カーテンの洗濯にもよく晴れた日を選びます。ネットなどにカーテンを入れて、洗濯機の「ソフト」モードで洗います。洗濯の規定の水と洗剤に重曹大さじ3倍程度を入れて洗います。脱水は1分程度にして、カーテンレールに干して乾燥させます。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加