• このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンのフィルター清掃はまめにお早めに!


スポンサーリンク

シーズン初のエアコン稼働に要注意!

梅雨時の湿気対策にもエアコンを使用するというお宅は多いのではないでしょうか。
最近のエアコンは空気清浄機能、除湿機能などが優れていますからかなり頼れる存在です。でもエアコンに頼るなら注意しなくてはいけないことがあります。


「梅雨時や急に暑くなった日に、1年前の夏以降ずっと使用していなかったエアコンのスイッチをオン!」という方法はとても危険ですから避けましょう。

送風口から「カビの胞子」が!

前のシーズンに多くの空気を取り込んだエアコンの内部にはホコリと水分がたくさんたまっています。しばらく使用しない間に、湿気を含んだホコリからカビが発生している可能性が高いのです。「久しぶりにエアコンをつけたらかび臭い」というときは危険信号です。

エアコンは専門業者によるクリーニングがおすすめ

しばらく手入れをしていないエアコンの場合は、シーズン初めての使用の前に、早めに専門業者による「エアコンクリーニング」をすることをおすすめします。できるだけ込み合う前の4月から5月のうちに手配しましょう。

普段から「フィルター掃除」を欠かさずに

エアコンクリーニングの余裕がないまま、どうしてもエアコンを使用しなくては行けなくなった場合には、自分で最低限の対策をします。「フィルターの清掃」をして、窓を開け放した状態でしばらくの間エアコンを送風運転して、内部のカビを一掃します。なお、夏の間フル稼働しているエアコンにもほこりや水分は溜まり続けます。月一回程度、定期的なフィルター掃除を欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加